ピラティス専用器具

V2MAX

ピラティスの専用器具には、大型器具と小型器具があります。

 

      《大型器具》

 

こちらのサロンで使用する器具は、リフォーマーとキャデラックを合わせたV2MAXチェアになります。

 

 

   *V2MAX*

 

 リフォーマーとキャデラックは、独立したタイプもありますが両方合わせたV2MAXを使用します。

 

仰向け・うつ伏せ・座位・立位などいろんな姿勢において、エクササイズをすることができます。

負荷はスプリングを使い、伸ばす・縮めるの動作の中で、筋肉の収縮・伸張を最大限引き出すことができるようになるので、筋肉の強化はもちろんですが、柔軟性も高まります。

 

キャリッジと言われるベッドのような台に乗り、エクササイズをしていきますが、台自体が移動をするのでバランス能力も高めることができます。

 

スプリンングがつながったロープの先に、ストラップという輪っかのようなものがついていて、手を通したり、脚を通してエクササイズを行います。

また、バーに脚を乗せたり、手で握りながらエクササイズも行います。

 

一般のトレーニング器具が一つに集約された万能器具とイメージされると分かりやすいかもしれません。

 

チェア

                   *チェア*

 

V2MAXに比べるとコンパクトです。

 

V2MAXと同じく、スプリングを負荷にして使用します。

座位、うつ伏せ、仰向け、立位などいろんな姿勢においてエクササイズをすることができます。

 

抗重力に対して、多くのエクササイズをすることができるので、バランス能力の向上アスリートの方のトレーニングとして、有効に使うことができます。

 

また、高齢者の方で仰向けに寝る姿勢がきつい方など、仰向けではできないエクササイズを、チェアを使うことで、座位で行うことができるようになります。

 

バレル・フィットネスサークル・フレックスバンド

  《小型器具(ツール)》

 

こちらのサロンでは、バレル・フィットネスサークル・フレックスバンドを使用します。

 

ツールを使うことで、筋肉の収縮感覚がより鮮明になったり、動きの補助をしてくれるのでマットのエクササイズでは気づきにくかった収縮感覚正しい動きを確認するができます。また、それぞれのツールの特徴により、負荷をかけることもできるので、さらに、筋肉の強化もつながります。

 

 

バレル

       *バレル*

 

見た目に、どうやって使うかわかりにくいかもしれません。

バレルの使い方は、いろいろありますが、次のような目的で使います。

 

 

 

○脊柱や股関節などの関節可動域を広げる

○腹部のインナーマッスルが入りにくい方の補助

○身体を点で支える姿勢をとりながら、バランス能力を高めるなど

 

マットワークで関節可動域が狭く、首や肩に力が入りやすい方などおすすめです!!!

 

フィットネスサークル

   *フィットネスサークル*

 

フィットネスサークルは、弾力性があり、その跳ね返す力負荷として使います。手や脚で挟んだり、押したりといろいろな使い方をしながら、次のような目的で使います。

 

 

肩甲骨や肩の周りが不安定な方の補助

O脚などで内転筋が入りにくい方の補助

X脚などで外転筋が入りにくい方の補助

体幹の軸がぶれやすい人の補助

筋力強化など

 

フレックスバンド

    *フレックスバンド*

 

バンドの名前の通り、伸び縮みするバンドです。

脚にかけたり、手で持ちながらバンドの張力を負荷にしてエクササイズしていきます。
バンドを伸ばす・戻す時の使い方が、V2MAXやチェアのスプリングの負荷と同じ感覚なので、大型器具にチャレンジする前に受講していただくと良いかもしれません。

 

肩甲骨周りのインナーマッスルの強化

○股関節や足関節の関節可動域を広げる

腹部のインナーマッスルの強化

脊柱の動きの補助など